学会印刷管理サービスのコンセプトはコチラをご覧下さい。
学会印刷管理サービスの特徴は2つあります
1つ目は各学会毎の論文の進行をweb上で確認できること。
2つ目は入稿された論文をまとめる際に独自の自動組み版システムを使用していることです。

それでは、1つ目のweb上での専用ページの見方。
2つ目の自動組み版システムでお客様にどのようなメリットがあるのかご説明していきます。

学会印刷管理サービスをご利用頂いた際の各学会の専用ページの見方
学会関係者様は専用のページを見れば全てが分かるようになっています。
学会毎の専用ページの見本を使いご説明させて頂きます。
←コチラから見本ページに入れます。
ユーザ名:demo
パスワード:demo


説明は現在作成中です。
自動組み版システムのメリット
学会印刷管理サービスのコンセプトでも少し書いていますが、 一番のメリットは時間の短縮です。
自動組み版と手作業とでは時間的にものすごい差が出るため入稿の締切にも差が出てきます。
また自動組み版のシステムを応用することも出来ます。

学会では冊子以外にもPDFファイルを作成しCD、DVD、USBメモリーに入れて配布したりすることがあると思います。
その際、今までのPDFデータでは、ただページがならんでいる状態ではないでしょうか?
自動組み版システムを応用するとPDFの目次をクリックすると該当のページに自動的に移動することなども可能になります。
これは人数やページ数が多い場合等に便利です。
実際に作成させて頂いた経験も有り、大変好評でした。

現在実際の動作の動画を作成中です。